黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
▼▼▼


黒ゴマ.info:トップ > 黒ゴマの栄養・成分
黒ゴマの栄養成分として特徴的なのがポリフェノール重合体。他にもオリゴペプチドやセサミンを含むゴマリグナン、ビタミンEも豊富です。

黒ゴマの栄養・成分

黒ごまの主要な栄養成分はゴマリグナンという成分です。

ゴマリグナンの効能としては、老化やガンの原因とされる

「活性酸素」を撃退する抗酸化作用にすぐれた働きをします。

老化や肌あれなどは肝機能の低下によるものですが、

ゴマリグナンは肝臓にも抗酸化作用を発揮して、肌の細胞の代謝をよくし、

しみやしわを防ぎ、美肌効果をもらたします。

ゴマに豊富に含まれるビタミンEも抗酸化作用があるので、

ゴマリグナンと共に強力な抗酸化力を発揮することになります。

 

ゴマリグナンは肝臓で脂肪を分解し、脂肪を燃焼しやすくするので、

ダイエット、体脂肪の減少に効果があります。

また、ダイエットで食事制限をしている場合も、ゴマを食べれば、

豊富な栄養成分を含むので栄養補給にも役立つでしょう。

また、ゴマリグナンは脳血栓形成抑制効果があり、

脳梗塞を予防するとも言われています。

 

ゴマリグナンの一種のセサミンは、肝臓の働きをよくし、

アルコールを分解する働きがあります。

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを抑える効果があり、

ゴマを使ったおつまみを一品いただくと酔いを抑えることもできるそうです。

それに加えてセサミンはストレスを抑制する効果もあるそうです。

 

その他の栄養成分として、豊富な食物繊維によって便秘予防とともに、

発ガン物質を体外へ排出する役目もしています。

それからポリフェノール系アントシアニンがメラニン色素の合成を促進させ、

白髪の減少にも役立ち、ビタミンEが抜け毛の予防になります。

また鉄分 貧血予防に効果を出し、

カルシウムが骨粗鬆症の予防の効果を促進させます。

さらにリノレン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸 

動脈硬化の予防効果もあります。

動脈硬化の原因には悪玉コレステロールが血管壁にくっついて、

動脈硬化を進行させ、血管をつまらせてしまいます。

ゴマは悪玉コレステロールの過酸化を防ぎ、コレステロールを減少させる

リノレン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、

動脈硬化に効果があります。



黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
IT用語