黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
▼▼▼


黒ゴマ.info:トップ > 黒胡麻とは?
黒胡麻(黒ごま)とはゴマの一種。色が黒いのでポリフェノールが白ごまよりも豊富に含まれています。

黒胡麻とは

黒ゴマはゴマ科の植物で、インド・エジプトから中国を経由して

奈良時代に日本へと伝わってきました。

黒ゴマは最初、寺のお坊さんたちが食用に、そして薬用に使っていました。

精進料理でも貴重な栄養源として黒ゴマはよく見られます。

また若返りビタミンであるビタミンEが多く含まれることから、

不老長寿のための食品として知られています。

 

まず、必須アミノ酸を豊富に含む良質なたんぱく質。

そして脂質、ミネラル類(とりわけカルシウム)、

ビタミン類、食物繊維が豊富です。

脂質には、リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、

悪玉コレステロールを血液から取り除き、動脈硬化の予防になります。

また黒ゴマに含まれるミネラルのうち、

特筆すべきはカルシウムとマグネシウム。

カルシウムはたんぱく質とともに吸収され、精神的な安定効果があります。

マグネシウムは、100g中に350mgも含まれています。

 

マグネシウムはビタミンB1やカルシウムが体内に吸収されるのを促進します。

最近になって、黒ゴマには抗酸化物質である

ゴマリグナンとアントシアニンが多く含まれ、

これがビタミンEの抗酸化力とあいまって

若返り効果(アンチエイジング)を補強しているといえます。

 

黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
IT用語