黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
▼▼▼


黒ゴマ.info:トップ > セサミンの効果・効能
セサミンはゴマリグナンに含まれる成分のひとつ。さまざまな効能・効果が研究され、サントリーのセサミンはその代表的サプリ。

セサミンの効果・効能

セサミンとは、胡麻から とれる栄養成分の一種です。

セサミンは、ゴマ一粒に 約 1% しか 含まれないという抗酸化物質である

「ゴマリグナン」の成分のうちの一つになります。

「ゴマリグナン」は、セサミンをはじめ、

セサミノール、セサモリン、セサモール などの成分から構成されていますが、

これらの抗酸化物質の中でも、強い抗酸化力をもつセサミンが

最も注目され研究が進められています。

 

セサミンの主な効能としては、強力な抗酸化作用があり、

活性酸素からの害を防ぐ効果があると言われています。

身体のサビつき や細胞の老化などの

原因の一つといわれているのが活性酸素です。

この活性酸素により体内で酸化がおこり過酸化脂質が増え、

身体にさまざまな害をおよぼすといわれています。

そこで、セサミンは、活性酸素の働きを抑え、過酸化脂質の増加を抑制し、

細胞の老化の防止などの効果があるといわれています。

 

また、セサミンは、悪玉コレステロールの増殖を防ぐ効果があり、

動脈硬化などの予防や改善などの効能も期待されています。

セサミンは、そのままの状態では、効果がなく、体内に吸収された後、

肝臓に運ばれ、はじめて効果を発揮するといわれています。

セサミン以外の抗酸化力を持つ成分 〔ポリフェノールなど〕 は

水溶性の抗酸化物質が多く、血液中に溶けだしてしまい

肝臓まで届かないという成分が多いといわれています。

しかし、セサミンはキチンと肝臓まで届くので

肝機能を高める効果もあるといわれています。

また、セサミンは肝臓でアルコールの代謝を促し、

酔いの原因といわれるアセトアルデヒドの分解を促進し、

二日酔いの予防などの効能も期待できるといわれています。

 

セサミンは、日常的な食品として利用されているゴマからとれる

栄養成分であることから特に問題となる副作用などは

報告されていないようです。

また、セサミンの1日の摂取量の目安は、約10㎎といわれています。

しかし、セサミンは、ゴマ一粒に、約 1% 以下しか含まれておらず、

セサミンをゴマそのものに換算した場合、

約 3000 粒ぐらいのゴマの量になるようです。

そのため、セサミンを効率よく摂取しようとした場合、

健康食品やサプリメントを上手に利用した方がよろしいでしょう。

黒ゴマ約11万粒がつまった製薬会社のサプリ
IT用語